世界的なオープンガバメントの流れとユニバーサルメニュー

こんにちは、アスコエ広報担当です。
ただいま、時事通信社「地方行政」紙面において、
「世界的なオープンガバメントの流れとユニバーサルメニュー」と題し
代表の安井が連載をさせていただいております。

第一弾のタイトルは
「世界的なオープンガバメントの流れとユニバーサルメニュー(1)
  動きだしたオープンガバメント
  行政情報の公開から利活用まで、自治体にとっての新たな可能性」
2012年06月18日(第10318号)
(第10318号の目次はこちらをご覧ください)

そもそも「オープンガバメント」とは何でしょうか?
「オープンガバメントとは、住民参加の開かれた行政を実現するために、
自治体や国が持つさまざまな情報を、主にネットを使って公開していく取り組みです」
(上記連載よりの抜粋)

我々市民の目線からすると、自分の利用できる行政制度がウェブサイトで
簡単に調べられることができたら、とても便利なのではないでしょうか。
例えば、
・家のリフォームを行うとき
・お子さんが小学校に入学するとき
・現在離職中だけれども、再就職を目指しているとき・・・
あなたを支援してくれる行政制度がどれほどあるか、ご存知でしょうか?

もちろん「オープンガバメント」という言葉の含む意味合いは
この他にも色々とありますが、市民にとってのメリットはとても大きいはずです。

3.11以後、より注目を浴びている「オープンガバメント」。
ぜひ「地方行政」での連載をご一読ください。

なお、連載は毎週月曜日の「地方行政」に掲載されています。
連載全4回のうち、現在3回目までご覧いただけます。

第1回:2012年06月18日(第10318号)
第2回:2012年06月25日(第10320号)
第3回:2012年07月02日(第10322号・合併号)
第4回:2012年07月09日(予定)

(アスコエ広報)

コメントする

子育てしやすい企業とは

少し前の記事ですが、福井県で面白い調査を行っていました。

その名も「企業子宝率」の調査。
正式には、「企業の合計特殊子宝率」といい、 「従業員(男女問わず)が当該企業在職中にもつことが見込まれる子どもの数」だそうです。

何が良いって、「企業子宝」という言葉の響きが良いのです。
福井県の思想は、「従業員の子どもが多い会社は、企業の子育て支援に理解があり、従業員が子育てしやすい職場環境にある」ということだそうで、なるほど、と思わせられます。

この調査で上位7社は「子育てモデル企業」と認定され、次のような支援を受けることができるようになります。

  1. 認定マーク(ホームページ用バナー)の使用
  2. 福井県の補助事業等選定における加点等
  3. 従業員向けに恐竜博物館など県文化施設無料入場券を贈呈
  4. 「子育てモデル企業」として、県が広く県内外に広報

企業にとっては、「子育てに理解のある企業ですよ」と県にお墨付きをもらったようなもので、企業イメージがアップすること間違いなし。
ワークライフバランスを気にする求職者からの人気も上がるかもしれません。
そしては、お子さんのいる従業員の方にとっては、3が一番嬉しいのかもしれません。

育児休暇がなかなか取れない、育児休暇後の職場復帰がままならない、などの話題がよく取りざたされます。

行政の支援が足りない、ということも一因かもしれませんが、企業側でも子育てしやすい風土づくりのための努力が求められるのだと思います。
行政には、「企業側でも子育てしやすい風土づくりのための努力」を後押しするような支援を行ってもらいたいものです。
ただただ育児休暇制度の義務化、といって強制するだけでは、足りないのではないでしょうか。
北風と太陽の話になぞえるなら、太陽型の支援を行政にもっと担ってほしいと思います。

もちろん、業種、立場によっては休暇など取っていられない! という方もいらっしゃるのかもしれませんが、そこをぜひ企業にフォローしてほしいものです。
この「企業子宝率」で上位だった企業は、そのフォローができているからこそ、上位になれたのではないでしょうか。

ちなみに福井県の「企業子宝率」の調査、今回の数値は2.48が最高だったようです。
平成23 年の国の合計特殊出生率、1.39と比べると、高い、といえば高いのでしょうか。比べる対象(他の自治体など)がないので、何とも言えません。
3とか5とかだったら、もっとインパクトがあったのかもしれません。

福井県独自の評価指標である「企業子宝率」ですが、他の自治体でも同じ調査をやっていただき、自治体の「企業子宝率」ランキングができたら、面白いのになぁと思います。
「企業子宝率」が高い自治体=子育てに手厚い自治体、のようにアピールができる気がします。

ぜひとも、継続的な調査実施と、実地自治体の増加を願います。

「企業の合計特殊子宝率(愛称:企業子宝率)」の調査結果を発表しました(福井県)

平成23年度 福井県「子育てモデル企業」チラシ1平成23年度 福井県「子育てモデル企業」チラシ2

(齋藤)

コメントする

『復旧 復興支援データベースAPI ハッカソン』へ参加してきました

ご報告が遅くなりましたが、6/2(土)に『復旧 復興支援データベースAPI ハッカソン』へ、本データベースの開発サイドの人間としてアスコエも参加してきました。

このハッカソン、主催はHack For Japanさんだったのですが、国の復旧・復興支援データベースで公開されているAPIの認知を高め、また、APIやサイトへの問題点や要望などがあれば、国へフィードバックもできる、ということで、開発者の方や利用者の方など、49名が参加しました。

※ところでハッカソンって? という方は、googleさんが詳しいです。
Google Developer Relations Japan ハッカソン 運営ガイド

国の復旧・復興支援制度データベースのAPI、がメインテーマだったのですが、経済産業省さん、三菱総合研究所さんのご厚意で、『復旧復興支援ナビ』のことも取り上げていただきました。
システム開発者の方や、税理士の方、ボランティア団体の方などから『復旧復興支援ナビ』の今後について、様々なアイディア・ご意見をいただき、目からうろこが落ちる一日でした。

具体的に出たアイディアとしては、

  • 士業の方との連携(士業(有志)向け総合相談窓口が作れるのでは?)
  • 助け合いジャパンさんとの連携(情報共有や”人”の支援などが可能かも?)
  • プレゼンソングループの成果物(制度をプレゼンで見せる!)をナビのコンテンツとして掲載する
    ←こちらは具体的に進められそうです。
  • などなど。

    その他に、国のデータベースではすぐに対応することが難しい、Facebookのプラグインの導入や制度を利用された方のコエに密に対応することなど、民間だから出来ることもあるのだな、との”気付き”を得て帰ってきました。

    被災された方々の生活の再建、地域の復興には、まだまだ長い時間がかかります。
    少しでも被災された方々のお役に立てるよう、今後も引き続き『復旧復興支援ナビ』の取組みを進めて参ります。

    新しい取組みなども進んでいるので、また別の機会にご報告できたら、と思います。

    (齋藤)

    コメントする

    こんなアイコン~引越し・住まい編~

    半年超の月日を経て、「こんなアイコンシリーズ」カムズアライブです。

    今回は「引越し・住まい」に的を絞ってみましたよ。

     

    しかしまぁ、これがまぁ、決めたそばから大後悔。

    自治体さんのサイトを見ても見ても見ても、

    ①引越しトラック ②家 ③(たまに)段ボール。おしまい。

    トラックトラック家家家トラック段ボールトラック家トラック…

    しかし日本は広かった!!おかしなアイコンだって、たまにはあるもんだ。

     

    ・進化する引越しトラックの巻。

    引っ越したいけど、でも荷物運ぶのが面倒よね~。

     

    じゃあ、家ごと運んじゃえばいいじゃん!!!!

     

     

    さらに進化系。

     

    家に車、くっつけちゃえばいいじゃん!!

     

     

     

    ・引越しウキウキ♪の巻。

    は~い、前見て運転してくださいね~。

     

     

    バンザイもやめてくださいね~。

     

     

    ・引越し…????の巻。

     

    こんちはー、宅急便でーす。

    違います、引越しです。

     

     

    誰か拾ってください。

    違います、引越しです。

     

    ・アスコエ不動産からのお知らせです。

    本日はわたくしどもの優良物件をご案内させていただきますよ。

    夢のマイホーム!ぜひご検討くださいませ。

     

    いかがですか、この大豪邸。

     

     

     

    四階建て物件もございますよ。

     

     

     

    日当たり重視の方にはぜひこちらを。

    どうですこの窓の数!屋内にいても日射病になりそうです。

     

     

    ・さて最後に、今回わたしの一番のお気に入りはこちら。

     

     

    小さく「OUT」って書いてあるのが分かりますでしょうか。

    「引越し」よりも「離脱」「脱出」の印象を受ける彼は

    どこに行くんでしょうか。なぜ真顔なのでしょうか。

    足元の黄色は穴でしょうか影でしょうか。

    黄色い影…ああ、非常~にカフカ的な問いになってまいりました。

    我々はどこへ行くのか…。

     

    引越しからカフカへ、壮大な風呂敷を広げたまま、次回へ続きます。

    次回は「おかしなライフイベント編」です。(多分)

    榎本

    コメントする

    ガバメントXML、行政XMLとしてのUM

    電子行政推進の上で、インターネット上での情報構造を記述する言語の設計が必要とされており、こうした流れの中で“行政XML”についての議論が現在注目を集めています。

    ユニバーサルメニューは、ガバメントXML(行政XML)としての、取組みも進めており、今回は「ガバメントXML(行政XML)」としてのUMについてご紹介したいと思います。

    UM ガバメントXMLの設計にあたっては、行政制度に関する情報構造設計を、国、各自治体、IT企業、Webサイト制作者がUMを用いて行政制度に関する情報構造を統一的な枠組みで扱えることを目的としています。

    UMをベースとした、ガバメントXMLは、設計の際の基本コンセプトとして、ユニバーサルメニューの情報構造設計を元に、できる限り自然な形で、UMのデータをXMLで表現できるようXMLスキーマを設計し、UMを利用するIT企業やWebサイト制作者が理解しやすい形式を心がけています。

    現在内閣官房タスクフォースでも、「情報の標準化」や「機械可読式」が大切なテーマとなっています。こうした流れの中で、ユニバーサルメニューが行政制度の情報構造としてだけではなく、インターネット上で行政コンテンツを扱う際の、データ標準としても役に立てればと考えています。

    ガバメントXMLについては、新しく公開したユニバーサルメニュー普及協会のサイトでも公開しています。もし宜しければそちらもぜひご覧ください。 安井

     

    コメントする

    野球の駆け引きとWebサイトの使い勝手(試論)

    5月30日にアスコエ有志でプロ野球を観戦してきました。

    北海道日本ハムファイターズと東京ヤクルトスワローズの試合が行われた神宮球場は平日にもかかわらず、6~7割の席が埋まる賑わいよう。個人的には観戦しやすい混みぐあいでした。

    試合は1対0でファイターズの勝利。ヒットで出塁はするものの点が入りにくい、拮抗した試合でした。
    経過や結果の詳細はニュースサイトなどにてご覧いただくのが良いと思います。

    さて、観戦していて気が付いたことがあります。
    ピッチャーとバッターの駆け引きもまた、ユーザビリティの問題だということです。
    試合では9回表にヤクルトの林昌勇投手がマウンドに登りました。林投手は右のサイドスロー(横手投げ)で、ここまでの投手がオーバースロー(上手投げ)の傾向で投げていたため、やりにくいだろうなあと思いました。
    (けっきょく林投手は満塁にまで追い込まれましたが…)

    ユーザビリティの基礎的な原則の一つは、ユーザの慣れに逆らわないことです。形や位置や色が「お約束」から大きく変われば、ユーザの混乱が制作者の知らないところで起きるでしょう。あくまで原則的には。

    野球ではピッチャー(投手)とキャッチャー(捕手)が共謀して、バッター(打者)の認知を混乱させるように球を投げます。

    • ピッチャーが右利きか。左利きか。
    • リズムはゆったり構えて投げるか。さっと構えて投げるか。塁にランナーがいたらけん制を挿むか。
    • 投げる球は直球か。変化球か。
      • 剛速球か。ゆっくりした球か。
      • 変化球なら曲がるか。落ちるか。別の動きをするか。
      • 大きな変化か。小さな変化か。
    • 投げる位置はどこか。高めか。低めか。バッターの近くか。遠くか。
    • などなど。

    これらをバッターの仕草やこれまでの試合の文脈を踏まえながら、バッターにとってのユーザビリティが悪くなるように、変化をつけて配給を組み立てます。主に配球を決めるのはキャッチャーの役割ですが、司令塔の代名詞がつくのも納得です。

    スポーツの駆け引きは見ていて面白いですが、
    Webサイトが情報を出す・出さないで駆け引きしても仕方ありません。
    不要な駆け引きを避けるためにも、人間がどのようにものを見たり感じたりするかを知るのは大切だと思いました。

    (矢原)

    コメントする

    ポチ男くん・ララ桜桃ちゃん・男屎くん(DQNネームと戸籍)

    キラキラネーム(DQNネーム)が話題になっていたりします。
    本当にいらっしゃるのか分かりませんが、ネットを調べると、「ララ桜桃(ららさくらんぼ)」ちゃんやら「月(あかり)」くんなど。

    名前は、音と文字の組み合わせ。

    文字については、子どもの名前は簡単な文字を使えという定めがあります。

    “戸籍法第五十条  子の名には、常用平易な文字を用いなければならない。”

    じゃあ、常用平易ってどんなのよ?っていうと、第2項に、
    “2  常用平易な文字の範囲は、法務省令でこれを定める。” とあり、
    法務省ホームページで公表されています。http://www.moj.go.jp/MINJI/minji86.html

    では、音(読み)に関しては、どうでしょう。
    どうやら、法律上、特に定めはないようで、その結果、冒頭のような
    キラキラネームの出現となったようです。
    ※そんなんでいいんですかね。

    ご存知かとは思いますが、お子さんが生まれた時には出生届を出します(戸籍法第四十九条)。

    その届書には、以下の記載が必要です。
    一  子の男女の別及び嫡出子又は嫡出でない子の別
    二  出生の年月日時分及び場所
    三  父母の氏名及び本籍、父又は母が外国人であるときは、その氏名及び国籍
    四  その他法務省令で定める事項(→世帯主の氏名及び世帯主との続柄、父母の出生の年月日及び子の出生当時の父母の年齢、子の出生当時の世帯の主な仕事及び国勢調査実施年の四月一日から翌年三月三十一日までに発生した出生については、父母の職業、父母が同居を始めた年月)

    ほほう。あれ?名前は?
    もちろん、法律上は明記されていなくても、出生届にはきちんと「子の氏名」と「よみかた」
    を記載する欄があります。
    法務省 出生届 http://www.moj.go.jp/ONLINE/FAMILYREGISTER/5-1.html

    出生届は、14日以内(国外の場合は3か月)に提出する必要がありますので、そんな短い間には大切な子どもの名前を決められない(もしくは特殊な事情で決められない)こともあるので、法律上は明記されていないんでしょうね。
    その場合は、出生届の子どもの名前の欄は空白でいいようです(その後、追完届を提出して戸籍に子どもの名前を載せます)。

    「ポチ男(ぽちお)」くんや「新幹線(しんかんせん)」くんというのも、ネットで見つけました。
    果たしてこの名前の賛否は置いておいて、子どもの命名という問題を考える必要があります。

    いまから約20年前に「悪魔ちゃん命名騒動」がありました。
    子どもに「悪魔(あくま)」と名付けようとして、昭島市及び法務省が親権の濫用として不受理とした事件です。

    実は、古代の日本人でも、「男屎(おぐそ)」くんや「阿古久曽(あこくそ)」くんてのもいたようです。阿古久曽くんは、かの有名な紀貫之の幼名です。麿(麻呂・万呂)も、元は“おまる”からとられているという説もあり、このような命名は、「この子は汚いものなので、神様持っていっても意味ないですよ(だから神様この子を殺さないで)」という意味が含まれていたようです。

    さて、現代。親が子どもに命名する権利(命名権)については、学説上2つあるようです。
    命名権は親権の一つであるとする考え方と、命名権は本来子どもにあり、親はその代行をしているにすぎないとする考え方です。

    後者はもとより、前者の考え方であっても「悪魔ちゃん命名騒動」のように、親権の濫用と判断される場合もあり、非常に難しいところです。

    たとえDQNネームと揶揄されようとも、親の、子を思う心は昔も今も変わらず、きっと子どもに幸せになってほしいと願い、一生懸命考えた名前を付けているんでしょう。
    人間は、名前という記号で他と識別する社会的生物ですから、ペット感覚で命名することがないように他人事ながら願っていたりするわけです。

    ちなみに改名は家庭裁判所の許可が必要ですよ。

    (河上)

    コメントする

    Older Posts »
    フォロー

    新しい投稿をメールで受信しましょう。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。