OpenUMサイト公開にあたって

アスコエが、ネット系の各社、そして行政関連各社様と取り組んでいる
OpenUMプロジェクトのサイトが先週オープンしました。

まずは、本サイト構築に対して手弁当で力を尽くしてくださった
各社の皆様には、アスコエとして改めて感謝申上げたいと思います。

本サイトについては、いろいろとコメントしたいこと(すべきこと)が
あると思いますが、今回は二点だけお話したいと思います。

一点目は、本サイトで公開しているユニバーサルメニュー(UM)の
完成度についてです。

実は、アスコエ内部では、今後できるだけ「ベータ版」(暫定版)という表現は
止めようという話をスタッフとしています。

というのも、UMは本来、常に修正改変を行っていく取組みでありで、
厳密な意味での完全版(最終版)は存在しないと考えているからです。

逆に現段階のUMも、現段階で私たちが考えるベストなものと
考えていますので、その意味では「現段階での最終版」です。
そうしたニュアンスはきちんと伝えつつ、一方で、
「結局まだ中途半端なんだね」と思われないような取組みを続けたいと考えています。

先日、本来こうした制度の本家本元である政府省庁の方や行政書士の方に
UMについてお話をお伺いする機会がありましたが、その方達も、
「このUMの取組み自体は、かなり大きな取組みであり、
逆にいうと完全版が見えている人はまだいないのではないか」と
おっしゃっていました。
こうした皆様達のコエもとりいれながら、常に成長するUMとしたいと
考えています。

二点目については、「所詮お金儲けのための取組みでは」という
コメントをいただくことがあり、その点についてです。

まず、言い方は気をつけなくてはいけないのですが、
私たちアスコエは、もちろん「お金儲け」のことも考えて取組みを行っています。

実際、スタッフもおり、事務所もあり、コピー代も、電気代も支払はなくてはならず、
そのための最低限の収入は必要です。

一方、「お金儲けのためだけ」にやっていないことも事実です。
「お金儲けのためだけ」であれば、こうしたサイトでの公開方法は行わず、
もう少しビジネスライクに進めていたと思います。

私たちアスコエ内で行われた議論について、ここでは全て語りつくせませんが、
きちんと「稼ぎ」つつ、「社会的・公的」な取組みを実現したいという
私たちアスコエの理念が背景にあることも、ぜひ本サイト公開にあたって、
きちんとお伝えできればと考えています。

以上、今回はOpenUMサイト公開にあたっての私自身の思いをコメントさせて
いただきました。
(安井)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。