ひとり親の方向けの支援制度

そういえば・・・とふと思い出し、
以前調べたひとり親の方向けの支援制度などをまとめてみます。

自治体のウェブサイトを見ていると、
「ひとり親の方」向けの制度はたくさんあって、
それだけでひとつのカテゴリーになるくらいの量です。

国で定めている支援制度は全国どこの市町村でも実施しているので、
今回は自治体が独自に行っている制度のみをピックアップしてみます。

【交通遺児への奨学金制度】(徳島県)
徳島県交通遺児育成会(会長 県知事)が行う制度で、
交通事故によって保護者が死亡、または重度の後遺障害を負った場合、
お子さんに奨学金等が支給されます。(返還の必要なし)

●奨学金支給額
小学生遺児一人につき 年間36,000円(月額3,000円)
中学生遺児一人につき 年間60,000円(月額5,000円)
高校生遺児一人につき 年間60,000円(月額5,000円)

【愛知県遺児手当】(愛知県)
父または母が死亡、障がい、婚姻を解消、行方不明である、
18歳以下のお子さんに支給される手当です。

●児童1人月額
支給開始 1~3年目 4,500円
4~5年目 2,250円
6年目以降 支給対象外

【ひとり親世帯向け住み替え家賃助成】(文京区)
18歳未満のお子さんのいる母子家庭・父子家庭に支給される
手当です(所得制限などの要件あり)。

●支給内容:家賃(新・旧家賃の差額分)、礼金2か月分、仲介手数料1か月分、移転費用(限度あり)

【ひとり親家庭等ホームヘルパーの派遣】(尾張旭市、三鷹市など)
母子・父子家庭及び寡婦の方向けの支援制度です。

●疾病、出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭などの際に、
1時間最大300円程度の費用でホームヘルパーを派遣

【在宅就業支援事業】(横浜市)
母子家庭、父子家庭及び寡婦を対象とした、就業支援制度です。

●在宅就業を目的とした、自宅でパソコンを使って行うe-ラーニング
訓練期間中は、訓練手当およびパソコンの貸与あり。

【保証人委託制度】(板橋区)
ひとり親世帯、多子世帯ほか、高齢者世帯や障がい者世帯を対象とした、
保証人委託制度です。

●住宅を借りる際、保証人の見つからない世帯の方に、区委託の民間保証会社を紹介します。

【ひとり親家庭児童高等学校通学費援護金】(長野市)
ひとり親家庭のお子さんがが高校への通学する際の費用が援助されます。

●バス・電車の通学定期乗車券(1ヶ月分)の半額を支給

【レジャー助成】(台東区)
ひとり親世帯の方を対象に、日帰り施設の利用料金を一部助成します。

●H23年度対象施設:東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、浅草花やしき、東武動物公園、上野動物園)

ご紹介したのはほんの一部ですが、これだけでも自治体ごとに
特色が見て取れます。
特に台東区のレジャー助成はかゆいところに手が届く!という感じです。
レジャー施設の入場料って意外に高いですし。

しかし、こういう情報って対象者の方たちにどれぐらい浸透しているのだろう??と思います。

広報紙などでお知らせしてくれるのでしょうか。

でも、普段お仕事で忙しい方が広報紙を手に取ることってあるのかな、とも思ったり。

本当に困っている人に届いたらいいなぁとも思う調査でした。

以上ひとり親の方向けの支援制度、早まとめ。

(海老沢)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。