2012年を迎えて

師走の名のごとく、バタバタと様々なことがあった2011年の年末を乗り切って、アスコエとして無事新たな年、2012年を迎えることが出来ました。

振り返ると昨年は、日本にとってもアスコエにとっても大きな変化のあった一年であったと感じています。
同時に、そういう変化の中で何をすべきか、そしてそうした変化の中での地道な取組みの大切さについて再認した一年でもありました。

東日本大震災後の『復旧復興支援ナビ』の立上げはもちろん、ユニバーサルメニュー(UM)のマニュアル化、全国自治体情報の収集などUMの基盤構築に関する取組み、さらにUMのオープン化や、UMの企業活用に向けた提案など新たな取組みも実現しました。

アスコエは、今年も、今までどおりユニバーサルメニューを核にした取組みを続けるつもりです。

特に、今年は、今までどおりのUMの構造化に加えて、UMデータの数と質の向上をあわせて取り組ことに重点を置き、その上で、新たな官民連携実現(ePPP)として、自治体のみならず企業への提案も拡げていきたいと考えています。

一方、手前味噌になりますが、昨年の年末そして今年の年明けに改めて感じたことは、
アスコエスタッフのすばらしさです。
特に、年末の納品時に、アスコエスタッフが、みなで力をあわせて誠実に取組む姿を目の当たりにし、つくづくアスコエは良いスタッフに恵まれているな、と実感しました。

月並みかも知れませんが、スタッフやお客様、そしてアスコエを応援してくださっている皆様のありがたさを「心」して、今年も一歩一歩着実に進んでいきたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。